ピックアップカー

新型アルトワークス!

アルトワークス

実に15年ぶりの復活となる「アルトワークス」をご紹介!
1987年に初代アルトワークスが誕生し、軽自動車初のDOHCターボエンジンを搭載しました。
当時、フルタイム四駆ということでラリーやダートトライアルなどのカーレースに大活躍でした。
今回のアルトワークスは、アルトターボRSと同様のR06型VVTターボエンジンとなっており、100N-m(10.2kg-m)/3,000rpmとなっている。
特に冷却に力を入れており、RSと比べると88℃から82℃となっている!
ワークス専用開発のトランスミッション(5速MT)は、各ギヤ比を近いところでセッティングすることで高回転を維持しやすくなる仕様となっているほか、クラッチディスクの荷重特性を最適化することで非常に操作しやすくなっている。
インテリアは、スポーティー感を出したレカロシートを採用。フルハーネスシートベルトを着用できるようにショルダーにホールが開いているのもワークスならでは!
万人受けする「ターボRS」に比べてアルトワークスは、さらに個性の強い車となっている!!

スタッフ談 -アルトワークス-

流石アルトワークス!!ですね!
ターボRSをベースにワークスが専用チューンして仕上がった「走る車」ですね。
軽自動車でここまでチューンされていれば何もいうことはありません。素晴らしい。

今回、大津市のS様よりご入庫頂いた「アルトワークス」をご紹介させていただきました。
ちなみに、ボディはガラスコーティングでピッカピカになっています^^

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018.11.30

    ソアラ 20系
    ソアラ 20系 3.0 GTリミテッド今回ご紹介するのは「ソアラ 63年式 3.0 GTリミ...
  2. TOYOTA ランドクルーザー プラドTX今月のピックアップカーは「ランドクルーザー プラド...
  3. TOYOTA ハイラックス今月のピックアップカーは「TOYOTA ハイラックス」のご紹介。

アーカイブ

ページ上部へ戻る